令和2年度 事業者支援コーディネーター派遣実施事業 (TOKYO働きやすい福祉の職場宣言事業)事業者支援コーディネーター
    派遣プロジェクト 〜専門化が事業所を訪問して働きやすい職場作りをお手伝いします〜(無料)

法人の経営者や事業所の管理者・職員の方々が「働きやすい職場づくり」について、日々の業務の中で感じている課題を、専門のコーディネーターが訪問し、課題を解決します。また、課題解決後は求職者にとって魅力的な事業所である事を示す「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言事業所」への申請を目指します。

それぞれの法人・事業所に応じた解決方法をご提案します。

事業者支援コーディネーター派遣プロジェクトは、
福祉職場で組織・人材・労務環境の問題解決に実績のあるコンサルタントが、下記を行います。

  1. 職員の確保が困難、定着しない等の悩みを抱える事業所を訪問 (全5回)
  2. 事業所の課題をヒアリングして人材の確保・定着・育成に関する課題を整理
  3. 働きやすい職場づくりの環境整備に向けた支援
  4. 「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言」に向けた準備

支援は訪問を基本としていますが、外部からの来訪はなるべく避けたい、事業所で打ち合わせのスペースが用意できない、職員には聞かれたくない話がある等、様々な理由で訪問での支援が難しい法人・事業所には、訪問以外の選択肢も下記のとおりご用意いたしました。

弊社への来訪

JR市ヶ谷駅徒歩5分程度の場所に弊社がございます。 弊社内の会議室を使用した支援が可能です。
※最寄り駅までの交通費は各自でご負担ください。

2オンラインでの支援(インターネットを使ったWeb会議)

各自で所有しているパソコン(カメラとマイクが利用可能な事)やスマートフォン・タブレットを使って会議を行うシステムです。インターネット環境が整っている場所であれば、オンラインでの支援も選択可能です。
※接続機器やインターネットに接続する料金については各自でご負担ください。

対象

「ふくむすび(東京都福祉人材情報バンクシステム)」に掲載されている法人・事業所のうち、おおむね常時業務に従事する職員の数が 20 人以下の法人・事業所
※TOKYO働きやすい福祉の職場宣言をすでにされている法人を除きます。

募集

50か所(法人、または事業所)

募集にあたり、全4回の申込締切日を設けます。締切日は以下のとおりです。各締切日の時点で50か所を超える申し込みがあった場合には抽選とします。締切日に50か所に達していなかった場合は原則支援事業所として決定します。

締切

申込締切日を下記のとおり4回設けます。

  • 第1回締切9月28日(月)
  • 第2回締切10月19日(月)
  • 第3回締切11月9日(月)
  • 第4回締切11月30日(月)

※応募が予定数の50か所に達した場合にはホームページにてお知らせいたします。

事業者支援コーディネーター
派遣プロジェクト パンフレット(PDF)

事業者支援コーディネーター
派遣プロジェクト 申込書(PDF)

申し込み・お問い合わせ先

事業者支援コーディネーター派遣
プロジェクト事務局
(受託運営:(株)エイデル研究所)

お申し込みから、ヒアリング、問題の解決策検討とその実施、というステップで行われます。

  1. Step1:

    お問い合わせ・お申し込み

  2. Step2:

    対象事業所の決定

    事業所へご連絡します。

  3. Step3:

    第1回訪問日の調整

    電話にて第1回訪問日を調整します。支援時間は1回2〜3時間程度としています。

  4. Step4:

    コーディネーターによる訪問支援

    1回目 課題をヒアリングし、本プロジェクトで取り組む課題を決定し、課題解決に向けた計画をご提案します。第1回目の訪問時に立案した計画は、その後の進捗等により、計画を再構築することも可能です。
    2~4回目 計画に沿って訪問支援を実施します。
    最終回 4回目までに行った支援について振り返ります。解決した課題を共有するとともに、働きやすい職場であることを宣言する「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言」への申請を検討します。最終回では、決定した制度等の職員への説明会や、支援結果を今後の自主的な取り組みに活かすための研修の実施も可能です。

基本は訪問支援としていますが、希望があれば全5回を来訪やオンラインでの支援とすることも可能です。

進め方に不安があったり、不明な点がある場合は、電話やメールでも、ご相談を受け付けます。

申し込み・お問い合わせ先

事業者支援コーディネーター派遣
プロジェクト事務局
(受託運営:(株)エイデル研究所)

「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言事業」は、17の項目からなる「働きやすい福祉の職場ガイドライン」に沿って働きやすい職場づくりに取り組んでいることを宣言し公表することで、人材の確保と定着を支援する制度です。

Ⅰ 採用に関する項目
  1. 1.運営方針・理念を明文化している
  2. 2.採用前の職場体験や職場見学を実施するなど、求職者に対し職場環境に関する情報を発信している
Ⅱ 人材育成に関する項目
  1. 3.求める人材像を明確にしている
  2. 4.新規採用者を育成する体制を整備している
  3. 5.階層、役割ごとの人材育成環境を整備している
  4. 6.マニュアル等を整備し、人材育成に活用している
  5. 7.外部研修、勉強会等職員の能力開発を奨励している
Ⅲ 仕事の評価と処遇に関する項目
  1. 8.キャリアアップの仕組みが整備されている
  2. 9.仕事の成果・取組状況等に対する評価を実施している
  3. 10.評価に応じて処遇改善する仕組みを整備している
Ⅳ ライフ・ワーク・バランスに関する項目
  1. 11.休暇取得、超過勤務縮減等に向けた取組を実施している
  2. 12.仕事と育児・介護が両立できる取組を実施している
  3. 13.健康管理(メンタルヘルス対策を含む)に関する取組を実施している
Ⅴ 職場環境・風土に関する項目
  1. 14.職場内でのコミュニケーション活性化のための取組をしている
  2. 15.表彰制度など職員のモチベーションを高める取組を行っている
  3. 16.苦情やクレームに対して、組織として対応する体制がある
  4. 17.地域貢献や地域との交流を実施している

より詳しく知りたい場合は、「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言事業」を実施している(公財)東京都福祉保健財団のホームページ(下記URL)にて詳細をご確認ください。
http://www.fukushizaidan.jp/204sengen/index.html

申し込み・お問い合わせ先

事業者支援コーディネーター派遣
プロジェクト事務局
(受託運営:(株)エイデル研究所)
  1. 1. 所定の「申込書」に記入

    事業者支援コーディネーター
    派遣プロジェクト 申込書(PDF)

    • 所定の申込書に必要事項をご記入ください。
    • ご記入いただいた内容は、当プロジェクトの目的以外に使用することはございませんので、安心してご記入ください。
    • ご記入について悩まれる場合は、法人名、ご担当者名、連絡先のみでも結構です。後日、コーディネーターがお電話いたしますので、その際にコーディネーターへ要望をお話しください。
  2. 2. FAXで送信 FAX : 0120-404-644

募集

募集にあたり、全4回の申込締切日を設けます。締切日は以下のとおりです。各締切日の時点で50か所を超える申し込みがあった場合には抽選とします。締切日に50か所に達していなかった場合は原則支援事業所として決定します。

  • 第1回締切9月28日(月)
  • 第2回締切10月19日(月)
  • 第3回締切11月9日(月)
  • 第4回締切11月30日(月)
※応募が予定数の50か所に達した場合にはホームページにてお知らせいたします。

申し込み・お問い合わせ先

事業者支援コーディネーター派遣
プロジェクト事務局
(受託運営:(株)エイデル研究所)
どのような事業所が対象となりますか。
「ふくむすび(東京都福祉人材情報バンクシステム)」に掲載されている法人・事業所のうち、おおむね常時業務に従事する職員の数が 20 人以下の法人・事業所が対象となります。
※TOKYO働きやすい福祉の職場宣言をすでにされている法人を除きます。
具体的にどのような内容の相談ができますか。

働きやすい職場づくりについて支援いたします。人材の確保、定着、育成に関することはもちろんのこと、以下の「働きやすい福祉の職場ガイドライン」の項目に沿って支援を実施します。

  • 採用に関して
  • 人材育成に関して
  • 仕事の評価と処遇に関して
  • ライフ・ワーク・バランスに関して
  • 職場環境・風土に関して
新型コロナウイルスの感染防止対策のため、外部の方が法人・事務所に来てもらうのが困難ですが、相談したい場合はどうすればいいですか。
ご安心ください。

支援は訪問を基本としていますが、外部からの来訪はなるべく避けたい、事業所で打ち合わせのスペースが用意できない、職員には聞かれたくない話がある等、様々な理由で訪問での支援が難しい法人・事業所には、訪問以外の選択肢も下記のとおりご用意いたしました。

弊社への来訪

JR市ヶ谷駅徒歩5分程度の場所に弊社がございます。 弊社内の会議室を使用した支援が可能です。
※最寄り駅までの交通費は各自でご負担ください。

2オンライン での支援(インターネットを使ったWeb会議)

各自で所有しているパソコン(カメラとマイクが利用可能な事)やスマートフォン・タブレットを使って会議を行うシステムです。インターネット環境が整っている場所であれば、オンラインでの支援も選択可能です。
※接続機器やインターネットに接続する料金については各自でご負担ください。

コーディネーターはどのような経歴の人ですか。
福祉職場で組織・人材・労務環境の問題解決に多くの実績を持つコンサルタントが担当をいたします。

申し込み・お問い合わせ先

事業者支援コーディネーター派遣
プロジェクト事務局
(受託運営:(株)エイデル研究所)