eidell エイデル研究所

  1. HOME
  2. 出版物データベース
  3. 季刊教育法 No.213

季刊教育法 No.213

〔特集1〕開かれた、参加と共同の学校づくり
〔特集2〕「支え合う社会」の教育


本体価格:1905円
発行年月:2022/6
雑誌コード:13085
管理番号:40213
近刊

〔特集1〕開かれた、参加と共同の学校づくり
●今なぜ「開かれた、参加と共同の学校づくり」なのか  宮下 与兵衛
●「土佐の教育改革」の継承と発展  藤田 毅
●「開かれた、参加と共同の学校づくり」の系譜  三谷 高史
●「開かれた、参加と共同の学校づくり」の「学び」  大野 公寛
●日本国憲法のもとにおける「学校の民主主義」とその担い手  坪井 由実

〔特集2〕「支え合う社会」の教育
●ヤングケアラーの教育保障とその対策  森田 久美子
●学習支援事業の法制化に伴う変化と課題  間瀬田 結実
●外国につながりのある子どもの教育保障を進めるためには  高橋 清樹

【海外の学校】
●韓国の「私教育」の変遷とこれから ─規制の対象から巨大産業へ─ ─韓国─  申 智媛
●延長されたフィンランドの義務教育 ─フィンランド─  ペトリ・ニエメラ

【論 考】
●「教員免許更新制廃止法案」の検討
─研修記録による教員の「個別最適な学び」をどう見るか  石井 英真

【連 載】
●巻頭エッセイ【第4回】
「横並び文化」を脱却するために  広田 照幸

●教育の“現在”と“これから”【第4回】
令和4年度のスタートにあたって  漆﨑 英二

●事例で学ぶ 学校とスクールロイヤーの連携【第4回】
スクールロイヤーから見た教員の不適切指導事例について  渡邊 徹

●教育法学の課題【第6回】
父母と子どもの学校参加をめぐる学説を類型化する理論的枠組み  葛西 耕介

●多様なつながり総力結集! 学校のトライ【第11回】
学校の「よさ」を支えるコミュニティ・スクール  佐藤 晴雄

【教育法学説の継承と革新【第3回】】
教育労働法の理論 ─青木宗也─  髙橋 哲
教育法学の新しい領域を切り拓く ―小川利夫―  石井 拓児・中山 弘之

【学会の窓】
●教育法・今日の焦点【第7回】
義務教育の私費負担をめぐる教育法学上の論点  福嶋 尚子
●スポーツと法のいい関係【第12回】
事故判例研究専門委員会の最近の活動と今後の課題  横山 幸祐

●学校安全コーナー【第34回】
スクールカウンセラーの守秘義務と情報共有(集団守秘)  佐竹 由利子

【子ども・教育と裁判】
●判例ガイド
校内武道大会開催判断の適法性  村元 宏行
●判例研究
女子寮いじめ損害賠償請求事件  細川 潔
●判例紹介(教育の分野、福祉・家族の分野、少年法の分野)

●教育法日誌(中央の動き・地方の動き)

【読者のページ】

定期購読申し込み用紙(PDF)