eidell エイデル研究所

  1. HOME
  2. 出版物データベース
  3. 道徳教育の批判と創造

道徳教育の批判と創造

社会転換期を拓く


藤田昌士・奥平康照 (監修)
教育科学研究会「道徳と教育」部会(編)
本体価格:2500円
発刊年月:2019/04
ISBN:9784871686303
Cコード:3037
管理番号:10069
近刊

教科研「道徳と教育」部会のメンバーをはじめ、教育研究者と教育実践家の協働による道徳教育論集。道徳教育のオルタナティヴ(既存のものとは別のもの、代案)を探り、道徳教育を作りかえていくためのヒントを提供する一冊。

【商品パンフレット】
doutoku_hihantosouzou.pdf

【目次】
第1章 つながりの崩壊と再構成(奥平康照)
第2章 道徳理解に欠かせないもの(小渕朝男)
第3章 中学校用道徳科教科書の特質(伊東 毅)
第4章 「教科化」時代の道徳教育の方法と評価(広瀬 信)
第5章 道徳教育におけるジェンダー・セクシュアリティの問題(橋本紀子)
第6章 孤食と共食のはざまの子どもの「食」と道徳性の形成(田口和人)
第7章 多文化社会とナショナル・アイデンティティ(櫻井 歓)
第8章 教師と子どもの関係を組み替える「不信」の可能性(横井夏子)
第9章 子どもが安心する教室を(大江未知)
第10章 歴史教育と道徳教育(小堀俊夫)
第11章 中学校3年間の平和学習と道徳授業地区公開講座(大橋 勝)
第12章 道徳教育の批判と創造(藤田昌士)
補 章 教科研「道徳と教育」部会の研究経過(藤田昌士)