eidell エイデル研究所

  1. HOME
  2. スタッフ紹介
  3. 丹羽 勝

丹羽 勝(にわ まさる)


丹羽 勝

現職

株式会社エイデル研究所 人材育成支援部 主幹

学歴

日本福祉大学 福祉経営学部(2019年卒)
名古屋工業大学大学院 電子工学専攻(1982年修了)
名古屋工業大学 工学部 電子工学科(1980年卒)

経歴

企業での経験は研究・開発・製造・技術営業・海外営業・人事教育と多岐に亘り、さまざまな経験を積んできました。日本企業(日本電気)では歴史ある組織風土を経験し、外資系企業(シュルンベルジェ)では米国・中東での4年間の駐在経験を含め、現場における変化・革新に取り組む感覚を鍛えられました。2003年エイデル研究所入社後、福祉経営支援、人材育成支援に関わってきました。訪れた介護・福祉現場は北海道から沖縄まで数多く、そこで得たのは現場職員の葛藤、経営者の志などリアルな“現場の真実”“考える種”です。その意味・価値を受講者と共有するとともに、自身の苦い就労経験や宇宙飛行士試験などの体験の中で得た気づきを紹介しながら進める研修は、多くの受講者の共感を得てきました。現在は主に介護・福祉・医療職場における指導職・管理職層の能力開発を進める一方、長期経営課題の明確化・組織風土作りのコンサルティングを行っています。特に力を入れているテーマとしては「現場の問題解決~問題発見力と解決力を身につける」「変革を進めるリーダーシップと必要とされるコンピテンシー」「時代変化とともに進める法人理念の浸透と人材育成の仕組み作り」「フィードバックの活用による職員の能力開発」「職場診断ツールを使った職場風土改革」「行動特性診断を使った自己覚知の推進とスーパービジョン」などです。また職員一人ひとりのキャリア教育にも力を入れており、「職業人生におけるキャリア・アンカー」をテーマに豊かな職業人生に向けてどのように働いていくのかを、実践経験の紹介と理論を織り交ぜながら研修や個別指導を行っています。

保有資格

社会福祉士(登録番号 第245382号) 東京社会福祉士会所属 会員No.67062

その他

全社協「福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程」講師。2007年から東京都社会福祉協議会東京都高齢者福祉施設協議会主催「チームマネジメント研修」(合宿研修、フォローアップ研修、グレードアップ研修、中堅職員のための能力開発研修のシリーズ化された体系)を継続しており、600名(2019年現在)に及ぶ卒業生を有し、その中から施設長を多数輩出しています。県域における人材育成計画策定アドバイザー、子どもの未来応援事業(子どもの貧困対策)地域コーディネーター養成研修講師、地域づくりセミナー企画委員、などを経験してきました。産業・組織心理学会会員。応用心理学会会員。2019年第86回学会で「福祉職員に対する研修とコンピテンシー変化~心理テスト(行動特性診断)による研修効果の測定」(星・丹羽)を発表。